札幌すすきのゼロ番地 手打ち蕎麦屋 そばびより朱月菴 旦那のつぶやき

蕎麦屋の旦那がありふれた人生を気ままに綴ってみようかなと・・・いつの日か飲食店を始めようと思っている人達に少しでも参考になればなんとなくいいかなーなんてふと思ったけど、それってどうなんでしょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふらふらと

連休を利用してフラフラと富良野方面にドライブ!ドラマ北の国からフリークの私には多少どきどき物でございました。がしかし知らないままでいたほうがどれほど幸せだたかもしれません。知ってしまったがゆえに、崩れ去るものって本当に悲しい気分になります。人それぞれの期待値、同等なら忘れられてしまいます。蕎麦も然り、店も然り、何でもかまわないのです。どうしたら期待の上をいけるのか?常に考えます。それは安心でも構わない、どちらかといえば理想は安心してホッとして頂く、その為に何が出来るのか?何をしなければならないのか?悩みは尽きません。このお店もそろそろ一年になろうとしています。何か特別な事は恥ずかしいので予定しておりません。蕎麦屋で無かったら年越し蕎麦?何かおもろいこと思いついたら気が変わるかも・・・まーこれからもほっと一安心を目標に行ってみますか!ただ問題なのは、安定や安心は、時としてつまらないものだということです。ということはこの店はつまらないものを目指しているのか?と突っ込まれそうですが、欲を言えばその先にあるものを考えております。ヒントはこの店に集まるお客様!このわけのわからない文章これってどうなんでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/25(火) 21:17:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんででしょう

そば粉の産地やら品種やら製粉会社やらたまにしつこく気にする方々がいらっしゃいますが、なんででしょう?私自身そんなことはどうでも良いのです。今の世の中出所なんて不明瞭な物がほとんどです。書いていたところで、それが本当なのかすらわからない。当てになるのは自分の味覚で、旨いかまずいか普通か判断すればよいことです。それ以上でも以下でもありません。もし確実に食材について知りたければ自分で作るのが手っ取り早いし、安心です。それに知識が邪魔をして味覚が狂う事だってありえるはずです。旬の食材を食べれる幸せに感謝、食材の持つ力に感謝、すべてが自然に感謝その気持ちこそが美味しさにつながっている。感謝の無きところに旨さなし!食事の前に頂きますと言いますが、頂きますの意味すら理解していない人が、世の中本当に多いそうで・・・それってどうなんでしょう。

  1. 2007/09/19(水) 17:02:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

感服

いよいよ今年も新そば突入です。自然の恵みに感謝をして、視覚、臭覚、触覚、を刺激します。そして、人間の無力さを心に刻むのです。なぜならわたくしは、忙しさに追われて、自然の恵みに感謝することを忘れているからです。ですから気づいたときぐらい自然の恵みに謙虚でありたいと思うのです。


わたくしは最近、普段生活していて疑問に思わない事をつとめて考えるようにしています。最近よく考えるのは、電気の無い生活その中で軟弱な自分が、どの様に生活していくのか?非常に興味があります。多分無理だと思いますが、電気が無いだけで身の回りは異常なほどすっきりする筈なのです。シンプルマニアとしては非常に憧れます。所有することは、縛られること!先日観たファイトクラブの受け売りですが・・・もうそろそろ所有することより捨てることがもっぱらの課題です。たとえが悪いですが、何も持たず、道端でのたれ死ぬ浮浪者に人間の美しさを感じてしまうのです。でもそれってどうなんでしょう。

  1. 2007/09/12(水) 18:33:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

無駄なこと

このお店の中で、ここは蕎麦屋ですか?いいえここは飲み屋です。なんてこんなやり取りが良くあります。もし仮に、お蕎麦屋さんは、お酒を飲むところという概念が普通だとしたら、決してこんなやり取りはありえません。私も飲み屋ですとわざわざ言う必要も無くなり、はい蕎麦屋ですといえば済むのですが今の時代そういった訳にもいかず、面倒なやり取りが必要になります。時代とは自然の成り行き、逆らったところで敵うはずも無く泣きを見るのがせきのやま、しかしすべてを受け入れるというのは具の骨頂なぜなら今の時代が間違った方向に進んでいると思えてならないのです。古きよき日本が作り出した完全リサイクル社会、感動します。古人にできて今の日本人には到底不可能に近い、悲劇です。でもできることからはじめないといけないので、少しずつ重い腰をあげてみることにしました。一人で始めることなので、何も変わらないのは解っていますし、むしろ変わらないんだったらやるだけ無駄だと思います。でもそれってどうなんでしょう。

  1. 2007/09/04(火) 19:46:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

旦那

Author:旦那
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。